当前位置: 主页

日本傻眼:冲绳居民高呼中国万岁!

时间:2013-03-01 10:10来源:未知 作者:时时网 点击:

      内容提示:日本一砖家称冲绳反日、反美情绪高涨,当地居民在集会上高呼“中国万岁”。
  
  标题:【冲縄が危ない】中国万歳!? 冲縄で势い増す「反日」「反米」世论
  
  标题:【冲绳危急】中国万岁!?冲绳“反日”“反美”情绪日益高涨
  
  冲縄ではいま、「反日」「反米」の机运が异常に高まっている。これまで冲縄政局といえば、保守と左翼(革新)に分かれ、「米军基地との共存共栄」か「基地撤去」かで拮抗していたが、いまや冲縄本岛を中心に「ァ」プレイ配备阻止」「普天间飞行场県内移设反対」という世论で一色である。
  
  目前,冲绳反日、反米气氛高涨,不同寻常。此前,冲绳政局分为保守与左翼(革新)两派,“与米军基地共存共荣”与“赶走基地”这两种观点呈对抗之势。但如今冲绳本岛只有一种论调,即“阻止鱼鹰的配备”、“反对普天间机场留在冲绳县内”。
  
  ァ」プレイ配备に少しでも肯定的な発言をすれば、これまで政治的発言をしてこなかった町内会やPTAのメンバーからも纠弾される。まさに、「冲縄VS日米」という対立构図になりつつある。
  
  对配备鱼鹰哪怕只有一点肯定的意见,就会受到当地居民委员会等组织的攻击,而此前他们从未对政治如此关心。可以说,“冲绳VS日米”的态势正在当地逐渐形成。
  
  こうした运动の中心になっているのが、那覇市の翁长雄志(おなが?たけし)市长(62)である。昨年9月に开催された「ァ」プレイ配备反対県民大会」の共同代表でもあった。
  
  推动上述运动的中心人物是那霸市市长翁长雄志(62岁),此人正是去年9月召开的“反对鱼鹰配备县民大会”的共同代表。
  
  翁长氏は、那覇市议と冲縄県议を2期ずつ务め、现在、那覇市长4期目。かつては自民党冲縄県连干事长として、普天间飞行场の県内移设を推进していたが、现在は「安全保障は日本全体で考えるべきだ」と県内移设反対に転じた。
  
  翁长曾分别当选各2期的那霸市议员和冲绳县议员,目前担任那霸市长,已是第4个任期。以前曾作为自民党冲绳县联合会的干事长,推动普天间机场在县内的搬迁,但目前却宣称:“安全保障应由整个日本(共同承担责任)”,反对将普天间机场留在县内。
  
  国民新党の自见庄三郎代表は先月30日、こうした冲縄の雰囲気について、「(政府が普天间の県内移设を强行すれば)冲縄が独立国家になる」「国内ゲリラは分离独立运动が原因で起きる。国のかじ取りによっては、东京でも爆弾テロが発生する」と危机感をあらわにした。
  
  国民新党的自见庄三郎党首在上月3日表示,“(如果政府强行推进普天间机场在冲绳境内的搬迁,)冲绳将成为独立国家”,“分离独立运动将使得日本国内出现游击队,政府如果处置不当,东京将发生炸弹袭击等恐怖事件”,对冲绳形势表示了强烈危机感。

(责任编辑:admin)
------分隔线----------------------------
分享到:
时时网24小时信息排行
推荐内容
关于我们  |   免责声明  |   联系我们  |   广告服务  |   意见建议